HOME > フレームトップ > 一輪車の選び方

どんな一輪車を買ったらいいですか?
どんな一輪車を買ったらいいですか?

プラホイールじゃ、いけないの?

■大人が乗ってもいいんじゃないか?
強度的にムリがあります。
とても大人の体重を支えきれるものではありません。
しばらくすると、スポークの部分にあたるプラスチック部に、白いヒビみたいなのが入ってきます。
タイヤ部がボキボキ折れる・・・なんて光景は見たことはありませんし、見たくはないですね。
あと、そもそも何を買ってもサドルが低すぎるでしょう?

■じゃ、お子さんなら良いのか?
最初の1台目なら、いいんじゃないですか。
買い与えても、すぐに飽きるかもしれません。
多少まともに乗れるようになるまでは、近所の子やお姉ちゃんのお古とか、リサイクルショップで買うとか、そんなのでかまいません。
まずは動けばOK。
NKのオープン練習や一輪車教室でも、錆びが浮いたボロボロの一輪車をよく見かけます。
私の経験では、それが恥ずかしいと思う子は、一人もいません。
(たぶん学校の一輪車の方がもっとボロボロだからでしょう)

とはいうものの、よくないのは、幼い頃買った14や16インチに、5年生くらいの子が乗っている光景。
前屈みで、膝がすっきり伸びていなくて、まるでイスに腰掛けているような姿勢だからすぐに分かります。
あまりにも身体にあわない一輪車では、上達が遅いです。

■金属スポークのスポーツ車の買い時は?
プラホイールだって、クランクとかタイヤとか色々部品を交換していけば、まあまあなんとかなるところもあります。
でも一輪車クラブみたいなところで、単に乗れるというところからもうひとつ上を目指そうとすると、プラホイールの一輪車では限界が見えてきます。
おそらく、100mを走るのに30秒かからなくなった頃には、もうスポーツ車に替えた方がいいと思います。
そのくらいになると、走る・止まる・曲がる・バックするといった動きがクイックになってきます。
そこで一番問題になるのは、空気圧。
このサイトで何度も言っていますが、プラホイールはホイール部にプラスチックのバリがあって、高い空気圧をかけるとチューブを傷つけてパンクしてしまいます。
でも、低い空気圧で乗っていては、軽快な動きができないんですね。

それは自動車でも一緒でしょう?
スポーツカーのサスは固いです。
そうでないと、カーブなどで踏ん張りが効きません。

金属スポーク車に乗ると、操作性や乗り心地、車両感覚は別世界です!
なんといっても、5キロ近く圧を掛けたタイヤは接地面積が小さくて、わずかの力でも抵抗なく回転していきます。
(金属スポーク車でも、空気圧が低かったら全然ダメです。大人が両方の親指で押して、タイヤがほとんど凹まないくらいカチンカチンに空気を入れてください。)
大抵の子どもは、スポツ車に乗り換えると、ガシガシ走り出します。
それはもう、走ることがたまらなく楽しいといった感じで走ります。
本当に楽しいんですね。
風を切るほどのスピード感がありますが、事実、スピードは出ています。
これこそが、一輪車。 That’s 一輪車、です。
プラホイール車にいくらCRCみたいな潤滑剤をぶち込んでも、空気圧(サスペンション)の差によるキビキビした走りにはかないません。

どのサイズを買えばいいですか?


物の本には書いていない、サイズのあわせ方をお教えしましょう。
まず、相手は大人でも子どもでも、乗れないことが前提です。
だから、2人がかりでムリやり乗せちゃう。
ペダルは、一番下に回させます。
そうとうじたばたするかもしれませんが、とにかくサドルに座らせておけば、あとは姿勢はどーでもいいです。
それで、膝の曲がり具合を見て、軽く曲がっているようならOK。
サドルの調節でそういう状態に持って行ければ、そのサイズでいい、ということになります。
何度かサドルの高さを調節して、つまり乗せたり降ろしたりを繰り返して、だいたいこれでいいというところに落ち着かせます。
乗れない初心者は、サドルを低めにセットします。

大抵、小2までは16インチで十分だと思います。
大柄でも、16インチを超える径の一輪車は、子どもの筋力がないのでペダルが重いでしょう。

小3になると、体格によっては16インチではすぐに小さくなってしまうから、ワンサイズ大きな方が良いと思います。
小4以上は、18インチとかを買った方が良いんじゃないですか。

困っちゃうのは、未就学児のようなすごく小さい子です。
14インチでサドルを一番下に下げても高いという子は、もうちょっと大きくなるまで待った方が良いでしょう。
私たちはサドルポストや本体のネックの部分を切断するという荒技をやったこともありますが、誰でもできることじゃないですからね。
ちなみに、わがクラブではどうしているかというと、まず14インチ。
これは乗っている期間が短いので、新車は買わせずに使い回しを考えます。
子どもの成長は早いですから。

年長さんや小学生になったら、ほとんど16インチです。
プラホイールでも、クランクは89ミリに統一します。
16インチも使用期間は2年程度と短いので、お古があればそちらを勧めます。
妹さんがいる子は、新車を買ってもいいですけどね。

で、2年生の3学期になったら、よほど体格の小さい子以外はミヤタの20インチを買い求めています。
このときのクランク長は102ミリ。
あとは上達するに応じて、自信のある子は89ミリクランクに変えていきます。

サドルの高さは、ときどき気づいたら、上記のようにひざの曲がり具合で上げるようにしています。
おへその高さ・・・とかいうのはあてにはなりません。
だって私なんかみぞおちくらいで乗ってたんですから。

ミヤタ製じゃなきゃ、いけないの?

ミヤタさんの肩を持つ気はありませんが、下の画像をご覧下さい。
どちらも、ベアリング部を上下からネジで挟むタイプです。
「ISIS」という規格です。
画像はプラホイールですが、問題は金属スポーク車にもこのISISタイプの一輪車があるということです。
この手のタイプは、ミヤタが採用している「スクエア」という規格よりも、衝撃に強いそうで、マウンテンユニサイクルなどにも採用されています。
でも、ベアリング部にゴミが入って汚れやすいです。
するとベアリング球にキズが付いて、ペダルが重くなってしまう。
ISISはネジをゆるめて調節できる利点もありますが、素人がやってもガタを生んだり、良いことはありません。
もちろん、ベアリング交換も難しいです。
小学校高学年になって体重が増えてくると、この部分にガタが来ます。
そうするとどうしようもなくなっちゃうので、「ネットショッピングで多メーカーのものを買ってもいいけど、この手は買わないように」とクラブのご父兄には言っています。

金属スポーク車を買うなら、このタイプでないものを買ってください。

古い一輪車にありがち、コッタード・クランク


これは、最近ではネットオークションでも見かけなくなった旧いタイプの一輪車。
クランクの両横に、ボルトとナットがにょっきり。
これだけは、一輪車クラブに属している者は「買ってはいけない!

このタイプのクランクは「コッタード型クランク」とか「コッタードタイプ」と呼ばれます。
コッターというのは、クランク横についているピン(cotter pin)のこと。
ナットを外してこのピンを叩き抜いてみると分かりますが、くさび形をしています。
クランクを外す工具のことを昔の人は「コッターレス抜き」って言うんですけど、コッターレスとは「コッターピン」がない、今のタイプのクランクのことです。
今は大概のクランクがBB(ボトムブラケット bottom bracket)に直接押し締められてとまっています。

コッタードタイプは、交換クランクをとても探しにくい。
クランク長を換えようと思っても、できないのです。
さらに、こいつは「ガタが来る」。
こうなったら、クランクはブラブラガタガタ、交換も出来ない・・・最悪です。
この一輪車は捨てるしか無くなってしまう。
ということで、コッタードタイプの一輪車は買ってはいけません。
(もっとも、もう無いだろうけど)

18インチ、22インチでもかまわないか?

正直、分かりません。
国内で一輪車を論じられる方たちは、みんな16と20と24インチの世界にいます。
メーカーが何を作ろうと、そういう競技の世界の歴史があって、16・20・24のノウハウが突出して蓄積されています。
クランクの長さとか、子どもの身長や体力とインチサイズの相性とか、誰もが16・20・24の世界での勘どころを磨いてきています。
だから、アドバイスする人がいない、というのが欠点です。

もちろん、小学校での遊びの延長なら、3年生くらいで18インチに乗るのはかまわないと思いますよ。
DIYショップでプラホイールの20インチを見ると、とても大きく感じますよね。
「我が子には大きすぎるのでは?」
と誰もが思って、18インチを選ぶでしょう。
そのくらいの楽しみに供するための18インチまでを否定するつもりはありません。

NKやCKにも、18インチ(金属スポーク車の子もいます)を持って入部してきた子がいます。
が、どうも102クランクでは長すぎる。
かといって、その子は20インチを乗りこなすお姉さんたちほどではないのだから、親御さんも「まあいいか」と18インチに乗せ続けている。
そのくらいの水準の子の18に89を装着すると、重すぎるかもしれません。
このあたりがよく分からないのですね。
95くらいのクランクサイズがいいんだろうか? といつも私は首をかしげています。
ホント、18インチって、16よりも重たい感じがするし、20ほどパワフルじゃない。
子どもたちを甘やかして上達を遅らせるマシンじゃないかとまで、思うんですね。

同様の理由が22インチにもあります。
私は乗ったことがありません。
たぶん、24の鈍くささと、20のピーキーさを合わせ持ったところではないかと思います。
22インチに125クランクなんかついていたら、16に102がついているのと同じように、まさに初心者向き以外の何者でもないでしょう。

22インチを選ぶ人は大人で、女性で、24じゃデカいな、という人でしょう。
選ぶのなら、ミヤタの20インチノーマルに付いてくる114クランクがいいのかな、と思います。
でも、どうせプラホイールじゃないんでしょう?
だったら20で全然問題ないですよ。
値段だって変わりませんから。
と、上昇志向の私は言ってしまうのです。
大人が少し楽しむ分には、確かに何でもいいのでしょうけど、大人の人が乗る動機のほとんどは、お子さんが乗っているから。
ということは、子どもさんに負けずに、地域のレース大会に出たいじゃないですか。
そうすると、22の勝負する相手は24です。
まず、かなわない。
詳しい人からアドバイスも受けられない(だってみんな、そんな中途半端なサイズには興味がないんだから)。
ということで、大人の人は乗る環境を考慮して決めてほしいと思います。

08年12月のQ&A例:大人の女性は22インチってどう?

私は、ハードウェアよりも一輪車に乗る環境の方が大事だと思っています。
本当は、周辺地域の一輪車クラブがあれば、そこにお子さんと行かれて、
同じ話題を持つ人たちの中で練習した方が、上達云々よりも、楽しいと思います。
ちゃんと一輪車クラブと名乗っていなくとも、児童館などでもそういう活動をしているところもあります。
そうすれば、機種の相談も出来るのでしょうけど。

まったく独学でしたら・・・実は大して上手くならない(^ ^; ゴメンナサイ)
でも、無理はしないから、何でもいいといえば何でもいいです。

ミヤタのスポーツ一輪車の中に22インチはラインナップされています。
写真を見ても妙に長いクランクがついていて、私の目には「乗りにくそうだな」としか映りません。

こんな高い機種でなくても、NKにも、プラホイールの22インチで時々乗っているお母さんがいます。
まともに練習しはじめたら、大人の体重では本体が保たないだろうとは思います。
が、たまに、ですから、私たちも笑って見ています。
市販のプラホイール製品は100%玩具ですから、22インチ用の大型でも「大人用」というのは無く、
いたってサドルが低いから、いい姿勢がとれないです。
しかたないですね。

私たちのような多少知識がある者なら、ロングサドルにしたり延長ポストでも立てるところですが。

暴論・結論

お子さんの場合は、最初の一輪車は身体にあっていれば何でもイイです。
たとえ身体にフィットしていなくても、乗って楽しむだけならまぁいいや。
ねっ。
一輪車クラブなどに入部して練習を積んだら、そのときに指導者の方のアドバイスを聞いて乗り換えていけばいいと思います。

問題は、大人!

大人の人はものを買うときにきちんと研究するという知恵が働きます。
特に一輪車っていうのは訳の分からないものですから、選択にも困るでしょう。
そうすると、買わず、乗らず、バーチャルな世界に入り込んで耳年増になっちゃうんですね。
で、それでもその状況を打破したいという人が、私にメールをくれるのです。
男性も、女性も、何人もの相談者からメールをいただきます。

迷ってないで、金属スポークの24インチを買って、乗って、練習してください。
一輪車協会のサイトから、非会員でも16800円で買えます。
ネットオークションは中古なのにたいがい妙に値段がつり上がって、結局大した徳にはなりません。
しのごの言わずに、カードで16800円払う覚悟を決めることです。

大人の人は子どもの何倍も練習しなければならないのに、仕事や家事で練習時間がとれないものです。
だったら、どーせ、スピンなんてまた夢の夢なんですから、とにかくまっすぐ走る楽しさを早く味わってほしいです。
けっこう、それで十分楽しめますよ。
24インチなんて大きな一輪車、大丈夫か?と不安もあるでしょうが、24インチの自転車なんてとても小さいですよ。
20インチだと、径が小さくて大人はすぐに足を着いてしまうから、なかなか乗れるようになりません。
どーんと24に自分を追い込んでください。

乗れたときの喜びは大きいですよ。
あんなワザもしたい、こんなワザもしたいという夢なんか吹き飛んでしまうでしょう。

それで、そのあとなんとか曲がれるようになって、あわよくばアイドリングまでできるようになって、「これなら子どもたちみたいなワザも練習したいな」と思ったら、そのときに20インチを買えばいいと思います。


       

inserted by FC2 system